わけあって…

ブログからまた遠ざかってしまいました…。

長文になります040.gif





武蔵が5歳の誕生日を迎えるちょっと前の5月18日、日曜日。
メイが怪我をしてしまいました。

ディスクで遊んでいたとき、ロングリードに足を引っ掛けて転倒しました。

飼い主の不注意でメイに転倒させ、怪我をさせていまったことが悔まれ、本当に申し訳なくて…、
懺悔の気持ちは消えません。

d0152083_20443848.jpg


かかりつけの病院は日曜日は休診だったのですが、電話をしてみたら診てくださるとのこと。
レントゲンの結果、骨折の心配はすぐに消えました。
ただ、腰がくだけたような状態で 歩くことも排泄時の体勢をとることもとても困難な状態でした。



怪我から2日もすると その状態もかなり良くなりました。ただ、歩く際のふらつき方(脳神経など)が気になるから専門医に診てもらうよう勧められ、紹介状を作成て頂き、大学病院を受診してきました。


触診、レントゲン、MRI、神経反応を見る機械を使った検査など行ってきましたが、具体的に
メイがどこを痛めてしまったのか、どうしてこのような症状が出るのか…判明できず。
ただ、幸い、かかりつけの先生が心配したような脳神経の異常も見られませんでした。

人間だったら、痛みのある場所、違和感のある場所など自分で伝えることもできるでしょうが、
ワンコではそうはいきません…。
骨折や靭帯が切れたなど 検査で明らかになることならば 患部もはっきりと判明出来るのでしょうが。



その後、投薬などでメイの症状を観察することになりました。
神経の血流をよくする薬で症状がかなり改善されたこと、触診の際のメイの表情の判断から どうやら腰と股関節を痛めた可能性が高いとの診断が出ました。

その後も同じお薬での投薬が続き、飼い主が見る限りでは今では怪我をする前と同じくらいにまで回復していると思います。
次の受診では先生からどのような診断が出るかな…?



症状が改善してきたのと、快適な季節になってきたこともあって 最近のメイは本当に元気そのものです。
これまでならディスク大会の計画も考える季節でした。

きっと、今も私たちがディスクやボールを持っただけで 大喜びでジャンピングするだろうし、投げたら
思いっきり全力疾走することでしょう。
でも無理は出来ません。



一連の検査の結果 メイの椎間板の一部が薄くなっていることが判明しました。
これが先天的なものなのか、加齢や運動によるものなのか…、わかりませんが
これはディスクをするにはかなり負担になってくると思います。
メイが楽しんでくれるのは何よりですが、その結果 苦痛を感じるようなことになっては
何もなりません。

もともと、ディスクは8歳くらいまでかなと以前から思っていました。
大会に出場したとしても 会場のコンディションの良いところでシニアの部での参加かな…と。

メイとの生活の中ではこれも一つの区切りを迎えたかなと思います。
あと4か月もすれば メイも8歳になります。あっという間です。

これも潮時かなと…。
ディスクは卒業します。


練習や大会でお世話になった方々には本当に感謝申し上げます。
どうしようもなくシャイなメイが ディスクではイキイキとする姿にビックリして 喜んで…^^

全く無縁だと思っていたドッグスポーツにもチャレンジ出来て楽しかったです。


d0152083_20454686.jpg


楽しみ方は少し変わってくるけれど、メイとの楽しい日はこれからもだまだ続きます。
[PR]
by orangeyellow-mei3 | 2014-10-21 13:03 | メイ

メイ(シェットランドシープドッグ♀)との日々のことを綴っています♪2009年11月に弟分としてトイプードルの武蔵が我が家族の一員になりました^^
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31